ASUS MeMO Pad 7 ME572CL LTEモデル

ASUS MeMO Pad 7の概要

MeMO Pad 7はASUSが2014年10月18日に発売した7インチのAndroidタブレットです。

LTE対応のシムフリー版とWiFi接続専用版の2種類が発売されています。

ASUSが以前作っていた人気機種のNexus7(2013)の後継機ともいわれています。
(Nexus7(2013)の型番はME571、MeMO Pad 7の型番はME572。)

MeMOの読み方は「メモ」パッドではなく「ミーモ」パッドとのこと。

ASUSというメーカー名とともにややこしいです。

特徴
  • 7型ワイドIPS液晶(1,920×1,200ドット)
  • SIMフリー(microSIMスロット)
  • CPU: Atom  Z3560(1.83GHz)、メモリ: 2GB、内部ストレージ: 16GB
  • webカメラ: 前面200万画素/背面500万画素
  • バッテリー駆動時間:約11時間
  • 重量: 269g
  • ATOK搭載
注意点
  • 内部ストレージが少なめ(16GB)
  • LTEの対応周波数
  • NFC、Fericaは非搭載

特徴の詳細

製品仕様

OSAndroidTM 4.4
表示機能7型 、LEDバックライト 1,920×1,200ドット(WUXGA)
CPUインテル® Atom™ Z3560 クアッドコア
メモリ2GB
ストレージ機能eMMC:16GB
ASUS WebStorageサービス:5GB(永久無料版)
グラフィックス機能PowerVR G6430
無線機能IEEE 802.11b/g/n
Bluetooth V4.0
カメラ機能200 万画素Webカメラ(前面)
500 万画素Webカメラ(背面)
インターフェースmicroUSB×1、microSIMスロット×1、microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
バッテリー機能バッテリー駆動時間:約11時間
バッテリー充電時間:約4時間
本体カラージェントルブラック
シャンパンゴールド
ホットピンク
サイズ114.4 ×8.3 ×200 mm (WxDxH)
質量279 g

ASUS MeMO Pad 7 (ME572CL) 製品仕様 | ASUS 日本

ATOK標準搭載

日本語入力に強いATOK for Androidが標準インストールされています。

ATOKはGoogle Playで1500円ほどします。

注意点の詳細

内蔵ストレージが少なめ(16GB)

Nexus7(2013)では32GBだった内蔵ストレージはこの機種では16GBです。

しかし、MeMO Pad 7はmicroSDカードに対応しているため、別途購入すれば容量は問題ないでしょう。

LTEの対応周波数

LTEの対応周波数は、2100MHz(1)、1900MHz(2)、1800MHz(3)、AWS 1700/2100MHz(4)、850MHz(5)、2600MHz(7)、800MHz(19)、800MHz(20)です。

5GHz帯には対応していません。

レビューや評判・評価

Amazonレビュー

やたらに画面が黄色いのが気になります。
Nexus7からアプリの引っ越しをした直後違いがありすぎてがっかり。
黄色が強く発色が鮮やかすぎて目が疲れます。白が白く映りません。西日の窓際で眺める感じ。
どうにかしたいけど諦めるしかないのでしょうか。

メモリは2GBあるので動作が重くなったりすることもないですが、デフォルトでメモリ解放機能がついているので残り200MBくらいになってたら
たまに使ってます。
simフリーのタブレットならこれで決まりでしょう。

本機のパネルはネク7と全くの同等品で不満なし。
ゴーストタップもなく快適ですが、時々ロック解除直後の動作が怪しいことがあります。
Asus標準のアプリが多数プリインストールされてますが、マニュアル等は一切ないため使用していませんw

Amazon MeMO Pad 7 レビュー

写真付きの詳しいレビュー

ASUS MeMO Pad 7のその他情報

紹介動画

まとめ

8.8 Total Score

性能
9
価格
8.5
魅力
9
Add your review
この商品の評価をお願いします!

Leave a reply

Your total score

オススメット.com
Compare items
  • smartphone (0)
  • tablet (0)
Compare
0