プラスワンマーケティング FREETEL Priori3 LTE

SaveSavedRemoved 0

FREETEL Priori3の概要

Priori3は、プラスワンマーケティングが2015年11月20日に発売した「priori」シリーズ第3弾のスマートフォンです。

FREETEL公式サイトの価格でも12,800円(税別)と格安なスマートフォンで、CPUがクアッドコア1.0GHz、RAMが1GBとライトユーザー向けのスマートフォンだといえます。

特徴
  • Android5.1ロリポップ搭載
  • 6カラー(ブラック/ホワイト/ヌーディーベージュ/ビビットオレンジ/ルビーレッド/ミントブルー)
  • 4.5インチ液晶、コンパクトで軽量(120g)
  • 800万画素リアカメラ/200万画素フロントカメラ
  • 長持ちなバッテリー(2100 mAh)/バッテリーは交換が可能
  • デュアルSIMスロット搭載
  • 電波干渉に強い5GHzのWi-Fiに対応
注意点
  • ROMは8GB
  • 動画閲覧やゲーム用としては厳しい?
  • タッチパネルの精度

特徴の詳細

製品仕様・スペック

スペック情報

OS

OS名
Android

CPU

CPU名
MT6735M
コア数
4コア
周波数
1 GHz
周波数2

メモリ(RAM)

メモリ容量
1GB

ストレージ

内部ストレージ
8GB
外部ストレージ
microSD 最大容量(128GB(SD/SDHC/SDXC))

ディスプレイ

画面サイズ
4.5 インチ
パネル種類
液晶
解像度
854×480

カメラ

リアカメラ画素数
800 万画素
フロントカメラ画素数
200 万画素
フラッシュ機能
手ぶれ補正機能

バッテリー

バッテリー容量
2100 mAh
最大待受時間
216 時間
連続通話時間
650
バッテリー取外し可

SIMスロット

SIMカードサイズ
micro-SIM
デュアルSIM対応
DSDS
SIMフリー

通信機能

3G通信
4G通信
対応バンド
2G(GSM): 850/900/1800/1900MHz 3G(WCDMA):2100MHz(Band1)/800MHz(Band6/19)/900MHz(Band8) 4G(FDD LTE): 2100MHz(Band1)/1800MHz(Band3)/900MHz(Band8)/800MHz(Band19)
テザリング対応
無線LAN規格
802.11 a/b/g/n
Bluetooth
Bluetooth 4.x
NFC対応
赤外線通信対応

センサー

加速度センサー
磁気センサー
ジャイロセンサー
光センサー
近接センサー
気圧センサー

その他機能

防水
4k撮影
ワンセグ
フルセグ
おサイフケータイ
GPS
ハイレゾ
指紋認証
顔認証

備考

Androidバージョン : Android 5.1
Bluetooth : Bluetooth 4.0 LE
SIMスロット : 標準 / micro (国内で使用できるのは1スロットのみ)

Android5.1ロリポップ搭載

OSはAndroid5.1ロリポップです。

パフォーマンスやステータスバーのUI向上や、この機種でも使えるデュアルSIMへの対応などがAndroid5.1の新機能・変更点です。

6カラーから選べる!

priori3-color

ブラック/ビビットオレンジ/ルビーレッド/ヌーディーベージュ/ミントブルー/ホワイトの6色があります。

型番

FTJ152A-Priori3-BK [ブラック]
FTJ152A-Priori3-OR [ビビットオレンジ]
FTJ152A-Priori3-RR  [ルビーレッド]
FTJ152A-Priori3-NU [ヌーディーベージュ]
FTJ152A-Priori3-MT [ミントブルー]
FTJ152A-Priori3-WH [ホワイト]

4.5インチ液晶、コンパクトで軽量(120g)

液晶は4.5インチ(854×480)で、5インチ液晶では大きすぎると感じる手の小さめな方にも使いやすいと思います。

高さが132mm、幅が65mm、厚さが8.9mmで重量が約120gとコンパクトで軽量なデザインになっています。

800万画素リアカメラ/200万画素フロントカメラ

カメラはスマホ背面のリアカメラが800万画素、スマホ前面のフロントカメラが200万画素となっています。

前機種のPriori2ではリアカメラが500万画素だったので、順当にスペックアップしたといえるでしょう。

長持ちなバッテリー/電池の交換が可能

バッテリー容量は2,100mAhで、取り外すことが可能です。

万が一の時のために予備のバッテリーを持ったり、バッテリーがヘタった時に自分で交換するのに便利です。

前機種のPriori2では1,700mAhでした。

また、低価格にもかかわらずACアダプターがちゃんと同梱されています。

デュアルSIMスロット搭載

Priori3には標準 SIM・micro SIMの2スロットが搭載されています。

日本のSIMと海外SIMを2つとも差し込んで、日本と現地の電話を使い分けることができます。

2枚同時の待受けやデータ通信は出来ず、切り替える必要があります。

電波干渉に強い5GHzのWi-Fiに対応

Wi-Fiは802.11 a/b/g/n (2.4/5GHz)に対応しています。

5GHz帯は電子レンジのノイズやBluetoothの電波干渉に強く、安定して通信できます。

注意点の詳細

ROMは8GB

搭載されている内部ROMは8GBと少なめです。

これは前機種のpriori2から変更されていません。

最大128GB(SD/SDHC/SDXC)までのmicroSDに対応しているので、容量不足の場合には別途購入する必要があります。

動画閲覧やゲーム用としては厳しい?

CPUの性能の低さやROM容量の少なさから、ゲーム用として使うには厳しいでしょう。

高性能なCPUを必要としない電話やメール、LINEなどの各種SNSを使うライトユーザー向けの製品だと思います。

タッチパネルの精度

タッチパネルは最大2点タッチでスクロールなどで違和感を感じるかもしれません。

購入前に実機で検証したり、動画で確認するといいでしょう。

FREETEL Priori3のその他情報

FAQ

公式サイトでFAQを確認できます。

FAQ|FREETEL(フリーテル)

周辺機器・アクセサリ

下記URLの公式サイトで純正のバッテリーパックや液晶フィルムを購入することが出来ます。

アクセサリー|FREETEL(フリーテル)

Amazonでもサードパーティのスマホケースや液晶フィルムなど各種アクセサリがあります。

まとめ

8.3 Total Score

「電話やメール、SNSが適度に使えたら満足」といった人にオススメ! Priori2から順当にスペックアップした格安スマホ。

コストパフォーマンス
9
デザイン
7.5
Add your review
オススメット.com
Compare items
  • Total (0)
Compare